オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

オリジナルTシャツに既存のキャラクターを使用することが出来る?

近頃、若い年齢層を中心にしてオリジナルプリントのカルチャーが広まっています。

そして、どんな人でも容易にオリジナルTシャツを作成できる世の中になっています。

そのような中で留意すべきなのが、著作権といえます。

結論から言いますと、アニメのキャラクターなどはインターネットを介して拾ってきて、そのままの状態でプリントする行為は国の法律で認められていません。

著作権という法律についての基礎知識

著作権というのは著作物を作り上げた方が持つ権利を指します。

音楽や芸術それから、アニメーションや小説などありとあらゆる作品には等しく著作権があります。

こうしたありとあらゆる作品のことを著作物と言います。

そのうえで著作物を作製した人物のことを著作者、著作者の著作物を守る権利というのが著作権と言います。

著作者については、著作権のシステムによって著作物のユーザーから料金を入手します。

 

したがって、自分自身が著作者とは違うのに、無許可で第三者の著作物を利用すれば、もちろん違法となります。

オリジナルTシャツ作成におきましても、著作権は適用されているため、留意することが大切です。

著作物の無断使用は国の法律で禁じられている

ひとつの例として漫画もしくはアニメのキャラクターの名前も著作物という形で保護される対象になります。

他には歌詞、企業のロゴなども著作物ですので、 それらのものを利用したデザインのTシャツを制作するときにはあらかじめ権利者や権利団体に対して許可を取ることが不可欠になってきます。

利用を認めてくれるかどうかはその人や団体次第です。

ですから、 何の問題もなく許可してもらえることもあればそうではないケースもあります。

 

イベントで外部に知られるわけがないなどと軽く考えるのは短絡的です。

第三者がTシャツを身に付けた写真を撮り、ソーシャルネットワーキングサービスにアップロードすれば様々な人の目に触れて、 権利者に対して連絡がいく恐れもありえます。

加えて、元を正せば著作権については国の法律で定められているものですから 、分からなければいいというものではありません。

2次的利用であっても許可は必須

著作物をそのままの状態で利用するのではなく、人気になっている漫画のキャラクターをモチーフとして、知人の似顔絵を記したり誰もが知っている絵画の構図に基づいてデザインしたりするケースについて考えてみましょう。

著作物をそのままの状態で利用するわけではないから、自分自身のオリジナルではないかに見なす人もいる可能性もあります。

しかしながら著作権法においては、以上のように元の著作物より派生し誕生した創作物を2次的著作物としています。

そして、こういったものを制作するときにも原著作物の権利者の許可を取る必要があるとしています。

要するにパロディーやオマージュの場合でも、著作物をデザインへと反映させたいケースでは権利者の許可が必要ということになります。

デザインそのものが2次的著作物に相当するか否かはオリジナルとの類似性のレベルによります。

直観的に元ネタが見定められるようなデザインに関しては2次的著作物にあたります。ですから、当然権利者の許可を欠かすことができません。

 

以上のように、オリジナルTシャツを制作するときには著作権に関して気を付けなければなりません。

オリジナルTシャツにおいてキャラクターを活用することができるかに関しては、原則的にできないということになります。

作り上げたあとにトラブルがもたらされてしまっては費やしたコストや手数が無駄になってしまいます。

ですから、 デザイン性を考察するときには気を付ける必要があります。

著作権が国の法律で保護されている意図をしっかりと理解しきちんと守ることが大変重要になります。

サイト内検索
オリジナルTシャツ作成会社ランキング!
第5位 TMIX