オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

オリジナルTシャツにおける著作権の注意点とは?


Tシャツは市販もされていますが、自分で作ったり制作業者に依頼して作ってもらうこともできます。

デザインを自分で考える際に、人気のキャラクターなどをデザインに利用してもいいのか著作権の注意点を知っておきましょう。

ネットや雑誌で見つけた画像はオリジナルTシャツに利用できる?

気軽なファッションアイテムとしてTシャツがあります。

夏場なら一枚だけで十分ファッションとして成立しますね。

その他下着としてシャツの下に着たりすることもあるでしょう。

基本的にはお店などで売られているものを購入したのであれば、購入者側に何か問題が生ずることはありません。

 

しかし場合によっては製造者や販売者に問題が生じるときがあります。

その1つの例として、キャラクターなどがTシャツに描かれているときに、そのキャラクターの著作権があるのかどうかの問題があります。

有名キャラクターであればそれを管理する機関に使用許可などを得ておく必要があります。

通常の製造者や販売者であれば使用許可を得ているでしょうし、していなくても買ってきている人が罪に問われたりはしません。

 

ではオリジナルTシャツを制作するときはどうかですが、使用許可を得ていないと制作者側になるので著作権の問題を問われる可能性があります。

普段インターネットや雑誌などで気に入ったイラストなどを見つけることはよくありますよね。

初めて見るイラストだと誰も知らないように感じるかもしれませんがそれも勝手に使うと問題があるかもしれません。

使いたいときは事前に許可を得ておきましょう。

企業のロゴの著作権問題はTシャツ制作の委託業者が気付いてくれる?

大手企業の他多くの会社では企業のロゴなどを持っています。

そのロゴがあればその会社の製品やサービスであることがわかるようになっています。

スポーツメーカーなどであればウェアなどにロゴが大きく印刷されているものもあり、その会社のロゴだからこそ格好よく見えるときもあります。

ロゴが入っているだけでかなり高くなっているものもあるでしょう。

 

オリジナルTシャツを作るとき、自作するにしても業者に委託をするにしても企業のロゴの著作権には十分注意しないといけません。

最終的に問題となったときに誰が問われるかですが、委託を受けた業者ではなく依頼をした利用者側になります。

業者もある程度は問題を指摘してくれるときもありますが、無名の会社のロゴだとわからないので指摘をしてもらえないでしょう。

 

キャラクターでなければいいと感じるかもしれませんが、企業ロゴなどを利用するときも事前に利用の許可を得るようにしましょう。

自社や自分のお店のPRなどで自社のロゴなどを使う分には自社内で確認をすれば済みます。

仕入れメーカーなどのロゴを入れるなら許可が必要になるでしょう。

インターネット上の文章や画像を私的利用の範囲でTシャツに使える?

インターネット上のホームページなどを見るとサイトポリシーなどが書かれているページがあります。

それぞれのサイトにはいろいろな情報の提供がありますが、それらの情報を商業目的に勝手に使用しないよう忠告する文面になっています。

有用な情報などを二次的にそのまま自分のホームページに使うときは、元のホームページ制作者などの許可を得る必要があります。

ただ例外があり、私的利用であれば特に許可なく使っても構わないと書かれているときがあります。

その場合、サイトにある文章や画像を自分のパソコンに取り込み、自分のパソコン内で加工したりする分には問題ないでしょう。

 

ではオリジナルTシャツの場合、私的利用であればそれらの文章や画像を利用することができるのでしょうか?

まず商用利用についてですが、許可なく勝手に作って販売することはもちろん許されません。

そして私的利用なら良いかですが、これはあくまでも権利を持つ側が許可をしているかどうかでしょう。

私的利用でも使ってはいけないとしているなら勝手な利用は許されません。

特にTシャツは外に来て行くといろいろな人に見られますから、きちんと許可を得た上で作るようにしましょう。

 

多くのキャラクターやインターネット上の文章や画像には著作権があり、勝手に利用することはできません。

必ず権利を有している人の許可を得る必要があります。

私的利用の見解は難しく、家庭外で着るのを目的にするなら権利者に許可を受けなければいけません。

サイト内検索
オリジナルTシャツ作成会社ランキング!
第5位 TMIX