オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

オリジナルTシャツのデザインは任せられる?

Tシャツを作成するとなると、「オリジナル」なので、依頼側がどんなデザインにするかを伝える必要があります。ただ絵を上手く描ける自身がない場合、イメージはできるけども絵として描けないときがあります。業者によって対応が異なるので、より希望がかなえられる業者を選びましょう。

サンプルなどから選んで作成するとき

手描きで文字を書くとき、フォントなどはあまり意識しないでしょう。太いペンで書くか細いペンで書くかで文字の太さが変わる程度です。一方パソコンのワープロ機能などを使うときは、フォントを選んで作成していきます。フォントはパソコンソフトの中に入っているので、その中から適したものを選んで書いていきます。契約書などのお堅い書類作成もあれば、ポップ広告等を作成するときもあり、それぞれに合ったフォントを選ぶと良いでしょう。

オリジナルTシャツを作成するとき、デザインを一から行わないといけないのか気になるかもしれません。あまり得意でないのであれば、サンプルが豊富なところを選ぶと良いでしょう。文字や数字のフォント、イラストなどが選べるようになっています。それを配置するだけで作成できるので、一からができない人でも簡単に作成できます。さらにサンプルの完成図などもあるので、バランスなどが分からないときはそれを参考にするとよいでしょう。プロに頼らなくても自分好みに作成できます。

ラフ原稿を元にプロが描き直ししてくれる

絵心のあまりない人が絵を描こうとしても、頭に描がいている絵と実際に表現される絵にギャップが生じる可能性があります。かわいらしいキャラクターを描こうとしているのに、他の人から見ると可愛く見られないときがあります。オリジナルTシャツのデザインをするときには、基本的には原稿を業者に提出して、その原稿の通りに作ってもらう仕組みが多いです。尚、問題があれば多少手直しをしてくれたりはしますが、それなりに細かく描いたものを用意しないといけないところもあります。

一方でかなりサポートしてもらえるところもあります。提出する原稿はラフ原稿、つまり簡単に描いたものでも対応してもらえます。その他作りたいイメージなどを伝えるだけのこともあります。依頼側が希望する内容に応じてプロのデザイナーが作成してくれるので、非常にきれいな出来上がりになります。プロのデザイナーに描いてもらうメリットは、Tシャツにしたときにきれいになるポイントを知っているところでしょう。バランスなども最適な状態にしてもらえます。

手描きや写真をそのまま印刷してくれる

写真などをきれいに印刷しようとすると、光沢紙などの専用の紙などを使う必要があります。一般のコピー用紙でも何となくはわかりますが、かなりぼやけた雰囲気になるでしょう。それでも印刷ができないことはありません。オリジナルTシャツにおいては、デザインについて考えずにはいきません。せっかく手描きで作成したり写真が入ったものを作りたいと考えているのに、それでは印刷できないと訂正されてしまうときがあります。それぞれの印刷機によって印刷結果が異なるからかもしれません。

業者によっては、一切手を加えずにそのままで作成してくれるところもあります。きれいに印刷できるかどうかはわかりませんが、依頼通りに印刷してもらえます。ただ業者もプロなのでこれはうまく印刷できなさそうとか、こうした方がきれいに印刷できそうなどの意見を持っています。それらの意見をしてくれたり、一定の修正をしてくれたりします。修正を入れない方がいいのか、修正を入れてもらった後の方がいいのかは依頼側の判断になります。

 

このように、絵心がない人でも簡単に作成できるよう、たくさんのサンプルを用意してくれている業者もありますし、ラフ原稿を用意しておけば、それを元にプロがきれいに描き直してくれる業者もあります。