オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

オリジナルTシャツ作成の流れはどうなっている?

オリジナルTシャツは自宅で作ることもできますが、クオリティが高いものが欲しいのなら、印刷業者にお願いするようにしましょう。ここではインターネット上の印刷業者を使ったオリジナルTシャツの作成の流れを紹介したいと思います。

 

デザインを決めるところから始める

オリジナルTシャツを家庭で作るのではなく、印刷業者に作成してもらいたいのなら、まずはデザインを決めなければいけません。イラストや文字を使って自由にデザインが行えるため、この世に一つしかない完全にオリジナルのものを作ってしまいましょう。

デザインを作ったあとは、それをパソコンで利用できるように、デジタルデータに変換する必要があります。印刷業者によって、入稿できるデジタルデータの種類は異なるため、まずはどのようなファイル形式が必要なのかチェックしましょう。

その場合は、印刷業者のスタッフに尋ねることもできますが、複雑な説明となってしまうため、開設されているウェブサイトで確かめたほうが分かりやすいです。いくつかのファイル形式が用意されているので、自身の環境で作成できるものを選びましょう。

ただし、この段階では、まだ注文するかどうか決めてはいないため、実際にデジタルデータは作成しなくてもよいです。ちなみに、デザインをお任せできる印刷業者もあるので、上手く作れない場合、お願いすることをおすすめします。

大体のイメージを伝えれば、それに合わせてデザインをしてくれるため、理想通りにしっかりと仕上げてくれます。

 

見積もりをしてもらってから注文する

デジタルデータが作成できることが分かったのなら、次は印刷業者に見積もりを頼むことになります。いくつかの印刷業者をピックアップして、素材や枚数、そして印刷のタイプを伝えて、完成するまでにいくらかかるか教えてもらいましょう。返答があった印刷業者の中から、安価なところを選べば、コストパフォーマンスがよいオリジナルTシャツを作成できます。

なお、作成したものを利用する日が決まっているのなら、納期をしっかりと確かめた上で見積もりを頼みましょう。いくら安くても、着用する日に届かないのでは、作った意味がなくなってしまいます。印刷する業者が決まったのならば、注文の手続きを行って、料金を支払うようにしましょう。

支払いが完了していなければ作成に取りかかってくれないので、できる限り早く入金をしたほうがよいです。もし入手を急いでいるのなら、すぐに入金したことが分かるクレジットカードを使いましょう。あとはデジタルデータを作り、インターネットを使って印刷業者に入稿すれば、すぐに作成を開始してくれます。

 

届いたら注文通りかチェック

作成が終わると指定した場所に届けてくれるため、自宅なり学校なり会社なりを指定して、便利に宅配してもらいましょう。オリジナルTシャツが無事に届いたのなら、クオリティや枚数がきちんと合っているのか確かめることが大切です。

もし届いたものに不備があるのなら、印刷業者に連絡をして何かしらの対応をしてもらう必要があります。チェックをして、すべてが注文通りだったのなら、そこでオリジナルTシャツの作成は終了です。あとはオシャレやイベントで思う存分活用して、オリジナルTシャツを楽しみましょう。

 

オリジナルTシャツの作成の流れは、このようにとても簡単なので、欲しいと思ったのなら気軽にチャレンジしてみましょう。一枚から注文できる印刷業者もあるため、この世に一枚しかないオリジナルTシャツを作成することも可能です。

なお、長く着続けたいのなら、耐久性がある素材を使っている印刷業者を利用しましょう。耐久性のない素材が使われていると、数回の洗濯でヨレヨレになってしまいます。

 

 

サイト内検索
オリジナルTシャツ作成会社ランキング!
第5位 TMIX
記事一覧