オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

オリジナルTシャツの作り方!自作の手順を解説

夏を過す時に必要なアイテムと言えば色々ありますが、Tシャツもその一つでしょう。
気軽に着ることが出来ますし、夏だけではなく冬の寒い時期でも一番下に着ることもあるはずです。
ところで、市販されているものはその殆どが何らかのデザインが施されています。
ですが、なかなか気に入ったものを見つけることが出来ない時もあります。
そういった時にはオリジナルTシャツを作ってみるのはどうでしょうか。

 

いくつかあるオリジナルTシャツの作り方

さて、オリジナルTシャツの作り方にはいくつかの方法があります。
大きく分けると次の二つになります。
一つは、何もデザインしていない無地のTシャツを用意し、自分で手を加えていく方法です。
もう一つはオリジナルTシャツを作成してくれる所に依頼し、オリジナルのデザインの画像を渡して作る方法です。

それぞれで仕上がり具合やかかる金額、またオリジナルの度合いや満足度も異なってきます。
試しに一枚だけ作りたいとか、個人的に着るものとして、またオリジナルTシャツを作る過程を楽しみたいといった場合は前者の方法がよいでしょう。
一方で、何かのグループ(例えば部活やサークル、同好会など)で同じものを複数枚分揃えたいといった場合は、後者の方法がよいと思います。

もちろんグループであっても前者の方法で作ることがあるとは思いますが、やはり自宅などで自作する場合は、専門的な印刷技術を持っていることは殆どないので、仕上がり具合にむらが出てきますし、失敗もするでしょう。
そのためある程度の数を揃えたい場合には、作成してくれる所を利用した方が効率がよくなります。

 

自分で手を加えていく方法について

先ほどの無地のTシャツを用意し、自分で手を加えていく方法ですが、これにもいくつかの方法があります。
例えば、一番手軽なものは、布書き用のペンを使って自由に書いていく方法です。
これだと子供でも出来ますし、様々な色のペンがあれば凝ったものも描くことが出来ます。
布書き用のペンを使うと、洗濯してもすぐに色が落ちてしまうことはないそうです。
この作り方では全く同じものを作ることは困難ですが、一つ一つが微妙に異なってくることから、オリジナルの度合いが高いとも言えるかもしれません。

またアイロン転写シートといったものを使って作ることも出来ます。
手順はパソコン上でデザインし、インクジェットプリンタを使ってシートに印刷します。
Tシャツの上にシートを置いて上からアイロンで圧着すれば完成です。
これだと何度でも同じものを作ることが可能です。

さらには大昔、年賀状の裏面を刷るのに大人気だったグッズの布用のものが現在出ており、それでも綺麗に作ることが出来ます。
後は、刺繍を施したり、染料を使って染めるといった方法もあります。
これらの方法は仕上がりにも作る過程の面白さにも自分なりに満足することが出来ると思います。

 

オリジナルTシャツを作成しくれる所へ依頼する場合

先ほども書いたように自宅で自作すると、満足は出来るものの正確さに欠ける面もあります。
グループなどで統一して揃えたい時には、やはりオリジナルTシャツを作成しくれる所へデザインを持ち込んで作ってもらうのがよいでしょう。
そういった所はインターネット上にウェブサイトを設けていることが多いので、色々見つけることが出来ると思います。

そこではTシャツの種類が選べたり、納期が早い所や安い価格でやってくれる所、それに独自のサービスなどを展開している所もあります。
そういった面はサイトを詳しく見ていけば分かることですが、品質は難しいです。
品質については様々あるようですが、口コミや実績、ランキングなどを参考にするとよいでしょう。
こういった所では、かなりの枚数でないと作ってくれないこともありますが、1枚からでもOKという所もあります。

依頼から完成までの大まかな流れですが、Tシャツ素材を選び、見積もりに納得すればデザインをメールなどで送ります。
パソコン上で仕上がりを確認し納得すれば作成が始まり、完成すれば商品が送られて来るといった感じになります。
ほぼどこでもこのような流れになると思います。
いいTシャツを作成したいのであれば、やはりお店に頼むのがおすすめでしょう。