オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

オリジナルTシャツ作成を依頼する注意点とは?

あらためていうまでもなく、オリジナルTシャツについては、販売店に金銭を支出して即完了ではありません。

どういったデザイン性にしたいのか、予定している予算はいくらか、或いは絵と実際のものにギャップは存在しないかなど依頼する上で注意点がたくさんあります。

 

納期のチェックを忘れないようにする

 

どれほど魅力的なオリジナルTシャツを作り上げても、利用する日に間に合わなければ無駄になるだけといえます。

デザインが決定した局面で、納期に関しては絶対にチェックするようにしましょう。

販売店によっては、最短ということを強調しているところもあります。

しかしながら、これに関してはあくまでもこうした日数に関しては最短ということになります。現実には、デザイン性のやり直しのお願いであるとか、販売店サイドの都合などによって間に合わないことも想定されます。

たとえば、イベントに関係したスタッフのTシャツを作製する時、デザイン性の手直しのためのEメールのコミュニケーションが考えたように進まず、イベントの日ぎりぎりに届くことが可能性としてあります。

どういったことが引き起こされるか分からないことから、時間にはゆとりのある購入注文をすることが重要になります。

 

文字はアウトライン化させ色やフォントは見本で指示

 

仮に、illustratorなどを使ってデータ数値によるデザイン入稿が可能なら、出来上がりも一層早くなるでしょう。

そして、 自分の意のままのデザイン性も作成することができます。

しかしながら注意して欲しいのが、デザインにテキストが入っているケースで、それをアウトライン化することになります。

これに関してはテキストのデータ数値を画像のデータ数値へと変換することを意味します。

そうしないとパーソナルコンピューターサイドから販売店のパーソナルコンピューターへと送った時、同一のフォントが入っていないケースになると、知らぬ間に他の書体へと換えられて作られてしまいます。

さらに、近年では、手書きのスケッチを送ると、それを専門家のデザイナーがデータ数値へと起こしてくれる販売店もあります。

このポイントで気を付けたいのが、カラーやフォントの指示の方法です。 多くの場合はその販売店のホームページに色見本やフォント見本があります。

見本のカラー名やフォント名を活用して指示することが重要です。

たとえばオリジナルTシャツのデザイン性のラフをショップに送るケースで、テキストの色を暗い青と指示しても、予想以上に明るくなることがあります。 カラーの感じとり方は各個人で開きがあります。必ず見本に従って指示しましょう。

 

なるべくサンプルを入手して確認すること

 

いまどきのオリジナルTシャツのショップにおいては、多種多様な機能性の材料を使用した状態でオリジナルTシャツの生産が可能です。

単純な綿100パーセントの生地とは異なって、暖かかったり、ひんやりしたりと有効性は様々といえます。

しかしながら、着心地につきましては、画面からは見当がつかないので、状況が許す限りサンプルを取り寄せることが必要になります。

生地の厚さ等、イメージしていたのとは異なるというようなことを避けることができるはずです。可能な限りサンプルを入手することは重要なポイントといえます。

 

オリジナルTシャツの制作が初の経験なら、逆境の連続になることも考えられます。

その理由は様々に気を配らなければいけないためです。そうは言っても作り上げた時の感動は格別といえます。

仮に何かしら理解できないこと、知っておきたいことがあるなら、電話を入れて質問してもいいでしょう。

オリジナルTシャツ作成の専門家が、十分考慮して答えてくれます。ですから、依頼側としては、あらかじめオリジナルTシャツ作成を依頼する注意点をしっかりと理解することが重要になります。

 

サイト内検索
オリジナルTシャツ作成会社ランキング!
第5位 TMIX