オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

1枚だけオリジナルTシャツを作成することが出来る?

オリジナルTシャツとはイメージできるように、オリジナルのTシャツを意味します。

当然自分で製作することもでき、絶対に業者にお願いしなければならないことはありません。

その一方で、オリジナルTシャツを多量生産するケースでは、業者にお願いすることが一般的な方法です。

自分自身で作るのも楽しいですが、業者にお願いすることでTシャツを作る手間時間を効果的利用できるでしょう。

業者にお願いする場合、1枚のみオリジナルTシャツを作ることができるのかという疑問点があります。

小ロットで対応している業者が増えている

オリジナルTシャツを作成するといった場合、近頃では小ロットを踏まえてのオーダーも受けてもらえます。

かつては依頼するにあたっては100枚以上というような大口注文を実行しなければならないことも少なくありませんでした。

しかしながら、近年インターネットを通しての店が増加したことで、店としても収益が確保し易くなったことそして、印刷手法が進歩して製造がし易くなったことから小ロットにも応じられる店が広がりを見せています。

その結果、自分自身やファミリー用に自分自身や子供が考案した絵をTシャツにしたり、昔作り上げたクラスTシャツやイベント用の物を追加で作ったりといったシチュエーションで利便性が高いといえます。

大口を踏まえての制作しかできないと必要以上の数になり使いみちがないと断念していた方も、小ロットでオーダーできれば入用な枚数だけ作成できるので無駄にならないといえます。

1枚のみのオーダーも可能だが手数料に要注意

小ロットを踏まえてのオーダーができるようになったことを通して、1枚のみのオーダーができる店も拡がっています。

しかし、こういった小ロットを踏まえてのオーダーをするケースでは注意も必要とされます。

それは小ロットを踏まえての注文による取り扱い手数料です。オリジナルTシャツは自身が作ったデザイン性をプリントしていくために、印刷データの構築が必要です。

その結果、それなりの枚数を作成しなければ取り扱い手数料が発生します。 小ロットを踏まえてのオーダーに応対している店の多くがこうした取り扱い手数料を取りますが、その額は店によって色々あります。

1枚~9枚まで同一に取り扱い手数料がかかるというところもある一方で、枚数毎に取り扱い手数料が変わってしまうところもあります。

細々とした料金に関してはウェブ上で見積もりができることから、それを活用すると予算金額内で作ることができるか否かがわかります。

実際に作成を依頼する場合のポイント

作成方法として、 1枚等小ロットを踏まえてのオリジナルTシャツの制作が確定したらデータ数値を送り込み、それをもとにしてプリントを行なってもらうことが必要となります。

制作に取り組むにあたってのデータ数値は手書きでも支障ありません。しかしながら、細々したラインの色指定などは必要不可欠ですから、原画と別口でデータ数値の詳細を伝達することが不可欠となります。

当然、デザイン作成のためのソフトウェアを活用してデータを送付したり、スマホの写真で送り届けたりすることもできます。ですから、自らができる手法でデータ数値を送信しましょう。

また、もうすでに作り上げたオリジナルTシャツを追加して作り上げるという場合には、店舗によっては作成データ数値を所定の期間保存してくれるので、ふたたびデータ送信を行なわなくても作成してくれるという店もあります。

そのため、一回オーダーした後で小ロットを踏まえての追加制作が入り用ということになる可能性がある人は、データ数値をストックしてくれる店を使うのが効果的です。

オリジナルTシャツ制作にあたって、注文枚数が多くないと制作できないと考えている人は少なくありません。

しかしながら、インターネットの取引の普及などにより、1枚からの注文も受け付ける店が増えています。

ですから、適切に店を探せば、1枚だけオリジナルTシャツを作ることができます。

サイト内検索
オリジナルTシャツ作成会社ランキング!
第5位 TMIX