オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

オリジナルTシャツを最短で制作する方法

学校のクラスやサークル活動、地域活動などで団結力を内外にアピールするのに効果的なオリジナルTシャツは自分がそのグループの一員なのだと強く実感でき、モチベーションアップにも効果的です。

しかし、様々な理由から使いたいタイミングが目前に迫った段階で必要になることもあるでしょう。

そこで、オリジナルTシャツを最短で制作する方法を紹介します。

 

安くて手軽にできるアイロンプリント

非常にメジャーなオリジナルTシャツの作成方法で手軽さ・費用の安さ・デザインの豊富さから、初心者でも簡単に作れることが魅力となっています。

方法は簡単で、熱転写シートにイラストや写真を印刷し、アイロンを使って圧着させていくだけです。

既に柄やデザインが施されたシートも100円ショップや通販サイトなどで入手可能ですから、家にスチーム機能をオフにできるアイロンやアイロンプリントに適した綿素材等のTシャツがあれば、自分の好きなようにオリジナルTシャツを制作できます。

デザインシートを用意するのに多少手間がかかるかもしれませんが、少ない枚数ならその日のうちに作業を完了させることも十分可能ですので、まさに最短仕上がりです。

慣れないうちは失敗することもあるので、目立たない場所で練習しておくと良いでしょう。

デザインシートの質にもよりますが、何度か洗濯することでひび割れ等の劣化が目立つようになります。

逆に言うと着る回数が少なく、その後は記念に保管しておく場合には、この方法が最も手間も費用もかからなくて済みそうです。

 

アクセントにも使えるシルクスクリーン

専用の型を用いて、インクやスプレーなどでTシャツに色付けしていく方法です。

専用のインクを使えば洗濯にも耐えられるようになります。

特徴は、型を何回でも使い回すことができるので同じデザインのTシャツを量産できることです。

この方法を用いれば別途用意したオリジナルTシャツに、シルクスクリーンで文字入れをすることで、ちょっとした個性をアクセントとして出すことができます。

既に型抜きされたシートが市販されていますがオリジナリティを追求するなら自作するのが一番です。

ただ、シートを切り抜く作業がこまかければ細かいほど大変なものとなり、さらにひとつのシートにつき一色しか色を使えないので、色彩にこだわればそれだけシートの枚数が必要になるなど、意外と手間も時間もかかります。

シンプルで色使いも少ないスタイリッシュなオリジナルTシャツを製作するなら、シルクスクリーンは最短に近い仕上がりになることでしょう。

カッティングシートや型枠自体は100円ショップで入手できますし、専用のインクもホームセンターや画材屋で入手可能です。

 

クオリティにこだわるなら業者に注文

オリジナルTシャツだからこそクオリティにはこだわりたい、そんな人におすすめなのが業者に注文するという方法です。

専用の機材と専門店ならではの技術で写真やイラストや文字を綺麗に再現してくれます。

一番心配されることは納期ですが、最短という観点に立った場合、自作の方法に比べると遅いのではないかと思われるかもしれませんが、注文の仕方や配達地域によっては最短で当日中に出荷してくれるお店もあります。

シルクスクリーンに対応している業者もいるので、自分で制作すると失敗しそうだという人はプロの技術に頼ってみてはいかがでしょうか。

気をつけることは、デザインを適切な形で業者に伝えることです。

指定された形式を満たしていなかったり、意図を完全に伝えきれていないと余計な修正や場合によっては修正費用が発生することもありますし、もちろんそれだけ納期は遅くなっていきます。

注意書きをよく読みデザインに詳しい人に教えてもらいながら注文するか、テンプレートを利用してより簡単な方法でデザインを設定する等の工夫が必要です。

 

サイト内検索
オリジナルTシャツ作成会社ランキング!
第5位 TMIX
記事一覧