オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

オリジナルTシャツを複数のサイズで注文することは可能?

オリジナルTシャツを注文する際、一つのサイズだけが必要な場合もありますが、複数のサイズで注文したい場合もありますよね。オリジナルTシャツを着るのが、大人なのか子供なのか、男性なのか女性なのかで選ぶTシャツの大きさも変わって来ます。

一度の注文で複数のサイズを選びたい場合の方法や注意点などについて説明します。

 

選択肢の差が出る業者選びは慎重に

複数のサイズのオリジナルTシャツを注文できるかどうかは、依頼する業者によるところが大きいと言えます。

オリジナルTシャツのデザインはもちろん、Tシャツそのものも業者から購入する場合には、業者が用意しているサイズのみ注文が可能になります。大人のMやLは比較的多くの業者で取り扱いがあると言えますが、3LやXSといった大きさや子供用のものは取り扱いが少ない傾向にあるので、確かめることが必要です。

一方、Tシャツは自分で持ち込み、デザインや印刷のみを依頼するという場合には、業者の在庫や取り扱いを気にする必要がありません。自分でTシャツを用意する形になるので、希望通りに必要なTシャツを揃えることができるというメリットがあると言えます。

ただし、素材や商品によっては上手くプリントできないことがあるので、全ての業者で持ち込みのTシャツに印刷をしてくれるというわけではありません。また、持ち込むTシャツに関して素材やデザインなどに指定があることも珍しくありませんので、事前に相談をすることが大切です。

どちらの場合にも業者選びがポイントと言えます。

 

実寸やサイズ表記の確認を忘れずに

業者からTシャツを購入し印刷する場合、寸法のチェックは欠かせません。一般的にMやLといった馴染みのあるサイズだと、特に気にせず、注文してしまうことも多いと思います。けれどメーカーによって長さや大きさに違いがあることも少なくありません。

また、女性用のM、男性用のMといった区別がない場合もあるので注意が必要です。女性用のMだと思って注文したら、男性も着用可能なMだったために大き過ぎたということにならない様、実寸などを確認することも欠かせません。

業者によってはサンプルを用意している場合もあるので、遠慮せずに問い合わせをすることが大切です。

 

大きさの違いとデザインの注意点

複数のサイズでオリジナルTシャツを注文する場合、注意したいのがデザインです。同じデザインでもTシャツの大きさが変われば、デザインの見え方も変わりますよね。全てのTシャツで同じ様にデザインを配置させ印刷したい場合、Tシャツの大きさに合わせてデザインの大きさも変更する必要があります。

けれど、その場合には、デザイン自体は同じでも、大きさが違うため、複数のデザインとみなされ、料金が割高になることも少なくありません。意図しないところで追加料金を支払うことにならない様、注意が必要になります。

また、全てのサイズのTシャツに同じデザインを利用する場合、一番大きなTシャツと一番小さなTシャツの両方に配慮し、バランスのとれたデザインにすることが大切になります。

例えば、子供用のTシャツと大人用のLに同じデザインを利用する場合、LのTシャツを基準に目一杯デザインをしてしまうと、子供用のTシャツにはそのままでは大き過ぎます。デザインの大きさを変更するか、一部のデザインのみを印刷することになりますから注意が必要です。複数の大きさのTシャツに印刷する場合には、デザインのバランスを考えることが大切になります。

 

オリジナルTシャツを注文する際、複数のサイズを選びたいなら、業者選びの段階でしっかりと確認をすることが欠かせません。同じMという表記でも、実際の長さや大きさは業者によって違いがある場合もあります。注文を行う前に確認し、不明点はなくしておくことが大切です。

また、複数のサイズで注文する場合、デザインのバランスや利用方法について考えることも欠かせません。適当にしておくと、割高になってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

 

サイト内検索
オリジナルTシャツ作成会社ランキング!
第5位 TMIX
記事一覧