オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

オリジナルTシャツ作成依頼で起こるトラブルの原因と対策とは?

トラブルが起これば、納期に間に合わない可能性だけでなく、新たに費用も負担になります。

オリジナルTシャツ作成依頼で発生しがちのトラブルの原因と対策について、この記事では説明していきます。

自社工場を持つ業者ならイメージに近いものができる!

業者に依頼するならば、フォロー体制が整っていることは前提です。

というのは、加工方法やデザインにも違いがあり、希望・理想・満足できるオリジナルTシャツを手にできるとは言い切れないからです。

作成依頼で起こってしまうトラブルの多くは、インターネットを通じてやり取りしてしまう便利さにもあるようです。

トラブルが発生しやすいかの大きな判断基準となるのは、自社工場を持っているかどうかという点です。

業者によっては依頼の仲介のみ、デザインの提案のみ、印刷のみなど、1つ1つの行程を外部委託するところもあります。

自社工場を持っているのなら、意見の食い違いも少ないようです。

伝言ゲームではないにしても、希望や要望が委託先で微妙に違ってしまい、イメージとかけ離れたオリジナルTシャツができあがるトラブルもたまに耳にします。

紙に印刷するのとは違い布への印刷ですから、できあがりに合う印刷方法を提案してくれるのかも問われます。

作成依頼したものの、汗や1回の洗濯で色落ちしてしまった、こうしたトラブルも実際にありますから、自社工場で一貫したサービスであることはポイントです。

 

今やインターネット上で作成依頼ができますが、全国の主要都市に実店舗を設けていれば、店頭でサンプルを見ながら打ち合わせもできます。

多くの業者は実店舗を持っていないために、こうしたトラブルが起こってしまうワケです。

自分のイメージに合うオリジナルTシャツの加工方法は?

加工方法には様々な種類があり、素人目にはどれがどう違うのか、自分が依頼したいデザインにはどの加工方法が適しているのか、分かり難いものです。

オリジナルTシャツ作成依頼で起こってしまうトラブルとしては、加工方法を適当に選んでしまうことで、仕上がりがイメージと違ってしまうことです。

少ない枚数ならまだしも、大口で、急いでいるのならば取り返しがつかないことになりかねません。

 

また、手描きで作成依頼したにも関わらず、何の断りもなく訂正・修正されてしまう時があります。

もちろん、一切手を加えずにそのままのデザインで作成してくれるところがほとんどです。

しかし、再度依頼することになれば、必要日に間に合わないトラブルに発展してしまう可能性もあるでしょう。

そのため、サポート体制が充実していることは重要視すべき内容です。

 

他にも、入稿データの不備による追加費用がかさむケースもあります。

修正を有料とするのか無料とするのか、無料の場合でも1度だけなのか、回数もチェックしておきましょう。

せっかく安さで選んだのに、結局、予算内に収まらないことになります。

優良業者であれば、その方法が最適かを見極めた提案をしてくれます。

担当するのも専門コンシェルジュ、手書きデザインの入稿も要望によって修正してくれます。

こうした実店舗があるならば、実際の仕上がりを見ながら進められるので、イメージに近いオリジナルTシャツを手にできるはずです。

初めての作成依頼に向いている業者とは?

オリジナルTシャツを依頼する時には、初めてでなくとも起こってしまうトラブルもあるようです。

例えば、シルクスクリーンプリントで1度作成してしまえば、版を無期限で保存してくれます。

定期的に利用したい場合には、再版代金が不要になるため重宝されていますが、データも含め、有効期限を設けていることもありますから注意しましょう。

 

また、初めての作成依頼では、実店舗がなくとも事務所を設けている業者を選んでおけば、対面で打ち合わせができます。

相談や見積もりのみで、比較・検討してから作成依頼を行えば、値段でも作成でも納期に関しても、トラブルを防ぐことが可能です。

誰でも気軽にオリジナルTシャツの作成依頼ができるけれども、その際に起こるトラブルの多くは、業者とのコミュニケーション不足であるなど、勝手な判断をされることにあるようです。

優良業者では、要望通りに仕上げてくれます。

サイト内検索
オリジナルTシャツ作成会社ランキング!
第5位 TMIX
記事一覧