オリジナルTシャツの自作デザイン作成依頼をするのにおすすめの会社を比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判!】

おすすめポイント親切なサポート体制と1個から注文できる手軽さが魅力

比較ランキング第2位は、citto+です。citto+は年間2万件以上の取り扱い件数を誇るオリジナルTシャツ作成業者で、東京や大阪などの主要都市はもちろん北海道から沖縄まで全国から多くの注文が寄せられます。

自社工場を抱えているので短期間での納品にも対応してくれて、急いで手元にほしい人でも利用しやすいのが嬉しいポイントです。「かんたんデザインツール」というWeb上でデザインできるシステムがあり、デザインの専門知識がない人でもラクラクとオリジナルTシャツのデザインを考えることができます。

オリジナル商品は1個から注文可能で、豊富な加工方法から注文数やデザインに合わせて最適なものを提案してくれます。各種プリントはもちろん刺繍を選択することもできるので、よりデザインの幅が広がるでしょう。Adobe IllustratorやAdobe Photoshopなどのデザインソフトだけでなく、MS Officeの形式でも入稿可能です。さらに画像データや手書きデザインでの入稿にも対応しているため、幅広い方法で入稿できるのが魅力といえます。

ただしデザインの修正や版管理には別途料金が必要になります。オリジナルTシャツ自体は安いものの、別途料金が発生するとトータルでは他社より高くなってしまうかもしれません。相談や見積もりは無料なので、興味があれば問い合わせを行ってみましょう。

年間2万件以上の取り扱い件数を誇る

citto+は年間2万件以上の取り扱い件数を誇るオリジナルTシャツ作成業者です。1枚あたりの価格がリーズナブルなことで知られていて、東京や大阪はもちろん、北海道から沖縄まで全国から多くの注文が寄せられます。

たくさんの注文を受けているからこそ「納品に時間がかかってしまうのでは」と考える人もいますが、citto+は自社工場を抱えているため短期間での納品も可能となっています。一人ひとりの希望納期に合わせて納品してくれるのはもちろん、イメージよりもリーズナブルな価格でオリジナルTシャツを提供してくれるのです。

そんなcitto+には、デザインの専門知識がない人でも利用しやすいという特徴があります。Web上でデザインを作成できる「かんたんデザインツール」というシステムを活用すれば、イラストレーターなどのデザイン作成ソフトを契約していない人でも、citto+のサイトから簡単にオリジナルTシャツのデザインをすることが可能です。「こんなオリジナルTシャツにしたい」という要望を叶えられるのはもちろん、配色を考えるラフデザインにも活用できるでしょう。

citto+のかんたんデザインツールが使いやすいのは、作成したデザインをプリントアウトできるという点です。Web上で簡単にデザインしたオリジナルTシャツのイメージを他の人にも見せて確認できるのは非常に便利。作成したデザインは、もちろん入稿データとして使用することができます。初めてオリジナルTシャツを作成する人でも利用しやすい業者といえるでしょう。

オリジナル商品は1個から注文可能!選べる加工方法も嬉しい

オリジナル商品を1個から注文できる手軽さもcitto+の魅力です。取り扱っているのはオリジナルTシャツのみにとどまらず、タオルやストラップ&キーホルダー、メガホンや横断幕など様々なものがあります。学校の部活動で応援のためにオリジナルメガホンを作成する人がいれば、イベントのためにグループ全員で共通のストラップを作成して絆を深める人もいます。オリジナル商品を通して、利用者の心も満たしてくれるのがcitto+なのです。

希望する注文数やデザインに応じて最適な加工方法を提案してくれるため、「加工の種類がよくわからない」という人でも利用しやすいです。加工方法は豊富に用意され、どんなデザインもきれいに仕上げてくれます。

例えば、シルクスクリーンは大量注文の際に用いられることの多い加工方法で、一般的に採用されています。ラバーシートは「プロッター」という機械を使用してシートをカットし、ウェアへ貼り付けて高温でプレスする加工方法。消化インクを使って転写紙へ印刷し、転写シートをウェアに乗せて高熱で処理することによりデザインを映し出すのが昇華プリントです。インクジェットプリントももちろん行われていて、これはパソコンの画像データを用いてウェアの表面に直接インクを吹きかける加工方法です。より繊細で鮮やかなフルカラー転写も選べるため、とにかくきれいにプリントしたい人にはフルカラー転写がおすすめです。それぞれの加工方法で手触りなども変わってくるので、詳しくは業者と相談してから決めるようにしましょう。

各種プリントに加えてcitto+では刺繍の処理も受け付けられています。刺繍をすればシンプルなデザインであったとしても高級感のあるオリジナルTシャツヘ仕上げることが可能です。胸や袖にロゴや文字を入れたいときによく用いられる手法で、通常の色の糸はもちろん金や銀の糸を使用することもできます。目的や要望に応じて様々な加工方法が用意されているのがcitto+の魅力です。

デザイン修正や版管理は有料

citto+のデータ入稿にはAdobe IllustratorやAdobe Photoshopなどのデザインソフトだけでなく、MS Officeの形式も使用することが可能です。さらに画像データや手書きデザインでの入稿にも対応しているため、幅広い方法で入稿できるのは利用しやすいポイントでしょう。デザインテンプレートが用意されていて、デザイン初心者の人でも簡単にオリジナルTシャツを作成できます。

ただし、修正が必要になった場合イラストレーター以外のデータは別途料金が発生してしまうので注意しましょう。加工方法にもよりますが、公式サイトに記載の料金は他社と比較しても安めの価格となっています。ただしデザインの修正や版管理は有料となっているので、オリジナルTシャツ自体の価格が安くても総額では他社より高くなってしまう可能性があることを覚えておかなければなりません。

例えばシルクプリントの版管理は他社だと無料のところもありますが、citto+では年間¥2,200が必要になります。また、初心者でも入稿しやすいとはいえ慣れていないと修正が必要になるケースも多いですが、こちらも追加で費用がかかってしまうので、結局他社より高くなってしまうかもしれません。

大口注文の場合は他社より安くなるケースが多いため、大量にオリジナルTシャツを作りたい場合などは検討してみてもよいでしょう。

手厚いサポートで誰もが利用しやすい

利用者へのサポート体制が手厚いこともcitto+の魅力です。自動見積もりシミュレーターがあるのでWeb上で具体的な価格を確認することができます。相談や見積もりは無料で利用できるため「検討しているもののまだ注文するかは決まっていない」という人でも気軽に問い合わせを行ってみましょう。電話で相談できるのはもちろん、Webでの問い合わせも受け付けているので、日中は忙しくて手が離せない人でも、空いた時間で問い合わせできて便利です。

citto+は問い合わせからのレスポンスが早いらしいので、急いでオリジナルTシャツを作らなければならない場合でも安心して任せられるでしょう。担当者は問い合わせに対して的確に説明してくれるので、わからないことはなんでも聞いてみましょう。

実店舗はありませんが事務所があるので、注文の際は対面で打ち合わせができます。誰もがより利用しやすいオリジナルTシャツ作成サービスを目指して、citto+では日々丁寧なサポートが行われています。